狭い部屋の効果的な収納術

狭い部屋をいかに有効に使って収納をするか。
これはとても難しいテーマかもしれません。

広いスペースがあれば、収納も楽々なのですが
狭いスペースでの収納はある程度、工夫をして
いかなくてはならないからです。

収納をするための道具や家具が必要になるのは当然ですが、
ただそればかりに拘ってはいけません。

収納するための道具や家具も、その分部屋のスペースを
使わないとけなくなってしまうため、狭い部屋がより狭く
なってしまいます。

基本は、収納のスペースに収納することができるだけの
物しか置かないということです。

生活をしていれば、必然的に物が増えてしまうのが常ですから
収納スペースを大幅にはみでないように注意していくことも大切です。

そして、1ヶ月に一度、いらない物がないか、必要でない物が
置かれていないかを確認する作業も必要です。

定位置に物が置かれているかどうかでも、収納力に差が出ると
言っても過言ではありません。

1年以上使っていない物がある場合は、思い切って処分をしたり
リサイクルに回すなどしてスッキリさせていくことも大切です。

同じ用途のものは同じ場所に、小さなものは一つの場所にしまう
などして、効率陽良い収納をしていくようにしましょう。

片づけが苦手でも部屋をスッキリさせたいなら

吉田俊子先生の簡単収納術がおすすめです!


あなたにもできる!吉田俊子の簡単収納術


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0