発達障害とゴミ屋敷

現在は、以前に比べるといろいろな障害が増えているように感じます。
落ち着きがない、パニックになる、集中して一つの事ができないなど、
一つの事に関して同年齢よりも劣っていたり心配になるような事が
ある場合には、医療機関を受診しましょうと言われているくらいです。

発達障害の多くは程度にもよりますが、日常生活に大きな支障が
出たり仕事に差し支えがある場合も少ないように思います。

また、数年前なら「ゴミ屋敷」と聞くと「なんてずぼらな人なんだ」
「片付けができないなんて学生生活で何を教わってきたのか」と
言われてしまうくらい当たり前のことだったわけですが、最近では
片付けができないのも発達障害が関係しているのではないか
という説もあります。

実際に、ADHD(注意欠陥障害)という障害がある方の多くは
片付けが苦手で、家がゴミ屋敷状態になってしまっていることも
珍しくはないようです。

発達障害を抱えている方すべてがゴミ屋敷となってしまうわけでは
ありませんが、注意散漫になったり一つの事を最後までできない
という脳の指令が上手くいかない事が原因である可能性も否定
できないのです。

ですから、ゴミ屋敷=ズボラな人間というのは考え方が変わってきています。

片づけが苦手でも部屋をスッキリさせたいなら

吉田俊子先生の簡単収納術がおすすめです!


あなたにもできる!吉田俊子の簡単収納術


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0