洋服収納術のコツ

できれは洋服は吊るして保管したいという方も多いと
思います。

吊るされていれば一目で確認することができますから
便利なのは確かですが、すべての洋服を吊るして収納
をするとなるとかなりのスペースがなくてはいけません。

それに、吊るしておくだけが立派な収納方法ではないからです。

中には、ハンガーにかけて吊るしておいたことで
肩にハンガーの跡が残ってしまっていたり生地によっては
だらーんと伸びてしまうこともあります。

ハンガーに不向きな素材は、たたんでしまうのがポイント。
下着はもちろんですが、Tシャツもたたんでしまっておくのが
ベストです。

また、冬場活躍するニット系素材もハンガーではなく
たたんでしまっておいた方が生地が伸びませんし
シワにもなりません。

ケースなどに洋服をしまう場合は、同じ素材は同じ素材で
まとめてしまうようにしましょう。

夏物は夏物、冬物は冬物と分けてしまえば衣替えも
簡単にできます。

引き出しやケースの大きさに合わせて洋服をたたんで
しまうのも見やすくなりますしキレイに収納していくことが
できます。

もしも、洋服を収納していたり片付けている時点で
2年以上着ていない洋服などが見つかった場合は思い切って
処分してしまうのも収納上手の基本です。

片づけが苦手でも部屋をスッキリさせたいなら

吉田俊子先生の簡単収納術がおすすめです!


あなたにもできる!吉田俊子の簡単収納術


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0