冷蔵庫のかんたん収納術

意外にゴタゴタしてしまうのが冷蔵庫ではないでしょうか。

季節によって、冷やしておきたいものもたくさんありますよね。
スペースも限りがありますし、奥にしまいこんで使うのを忘れて
しまっていたという調味料や食材もあるのではないでしょうか。

冷蔵庫のドアの開け閉めは、冷蔵庫の負担になる
だけではなく光熱費を挙げてしまう原因となります。

ですので、どこに何があるのか一目で把握できるよう
工夫しておく事が大切です。

冷蔵庫の特徴を言えば、奥行きがしっかりとある事。
奥行きがある冷蔵庫ならコツやポイントさえ押さえてしまえば、
冷蔵庫のの収納も簡単に行うことができます。

冷蔵庫の収納に心強いのは、ケースです。
100円ショップなどで売っているケースを上手に利用して、
わかりやすくまとめておきましょう。

調味料なら同じケースに、またタッパーはタッパーで
まとめておけるよう大きめのケースを用意しておきましょう。

ただし、冷蔵庫内でケースを使う場合は、事前にしっかりと
サイズと奥行きを測っておく事です。

サイズが合わなければ、絶対に使う事ができません。
食事の残り物などを入れすスペースなどを確保しながら、
一定のスペースが保てるようにしていきましょう。

片づけが苦手でも部屋をスッキリさせたいなら

吉田俊子先生の簡単収納術がおすすめです!


あなたにもできる!吉田俊子の簡単収納術


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0